住所貸しサービスを利用するサインは最低限知っておきたいマナーもあります

HOME>トピックス>知っておきたいポイント

ここに注目

社員

住所貸しサービスを利用して法人登記したいなんて場合にはバーチャルオフィスならではのマナーなどに気をつけておきましょう。例えば、住所貸しサービスに法人登記する際にはしっかりとバーチャルオフィスにそのことを伝えておくべきです。勝手に法人登記したりすると契約解除されることがあります。他にも、郵便受けの利用もポイントで、契約者以外が利用するとトラブルになることがあります。

その他のポイント

人形

他にも住所貸しサービスによっては夜間の利用はできないといったこともあります。バーチャルオフィスはなにかと制約もあるので契約時には必ず契約内容をしっかりとチェックしておきましょう。契約後にごねてもどうにもなりません。また、バーチャルオフィスによっては契約解除時にキャンセル料などがかなりかかることがあります。こうしたことについても理解しておいてください。月の保証金などもかかることもあるので注意しておいてください。

これが人気のわけ

住所貸しサービスは人気が高まっていますが、これには理由も多いです。例えばバーチャルオフィスはいろいろな用途に使えることがそのわけです。バーチャルオフィスは単に法人登記のために使うだけでなく、郵便箱代わりにも使えます。他にも、バーチャルオフィスを利用して電話を受けたりすることも可能です。バーチャルオフィスは単にビジネス用途だけでなく個人的に利用されることもあるほどに多様な使い方ができるようになってきます。

価格も安い

住所貸しサービス・バーチャルオフィスは安いことも支持されているワケです。どのくらい安いかはバーチャルオフィスによって変わるものの、激安バーチャルオフィスならば数千円で可動させることもできるくらいなので検討しておきたいものでしょう。

広告募集中